聖者の行進のドラマ情報・感想・評価

「聖者の行進」に投稿された感想・評価

philia

philiaの感想・評価

4.1
0
残酷さ=野島伸司
はっち

はっちの感想・評価

3.9
0
記録。
三本足

三本足の感想・評価

2.5
0
582
記録
al

alの感想・評価

3.4
0
心苦しい…だけど続きが気になってあっという間に観た。
ayu

ayuの感想・評価

2.9
0
つらい。とにかくつらい。普通に生きていきたいだけなのに世の中は彼らに酷く冷たい。廉くんのことを考えると胸が痛くなる。悲しみから悲しみを生み出す負の連鎖。
はっち

はっちの感想・評価

3.5
0
ホントに苦しいドラマ。永遠が純粋で真っ直ぐで永遠と関わるに連れて更生していく広末。でもあんな最期なんて悲し過ぎる。
段田さんも最後の最後に良心が芽生えてさ。どうせなら最期まで悪いやつでいて欲しかった。
いいドラマだけど苦しすぎて見返す気にはなれない。
海賊K

海賊Kの感想・評価

4.5
0
これもまたすごく考えさせられた障害というマイノリティの中で生きる意味を見せつけられた名作。

ホンマに野島伸司ってどうやって育った来たらこんなドラマをぼこぼこ作れるんやろうと心底思った。

とにかく切ない。けど、だからこそ人はもっと愛でいっぱいになっていいのだ。
パン

パンの感想・評価

-
0
辛くて大分時間かけて観た。
たえちゃん りんちゃん 廉くん ももちゃん…印象に残るひと多すぎて


強くなることはないです。
弱い自分に苦しむことが大事なことなんです。
人間は元々弱い生き物なんです。
それなのに、心の苦しみから逃れようとして強くなろうとする。

強くなるということは鈍くなるということなんです。痛みに鈍感になるということなんです。
自分の痛みに鈍感になると、人の痛みにも鈍感になる。自分は強いと錯覚した人間は他人を攻撃する。痛みに鈍感になり、優しさを失う。

いいんですよ、弱いまんまで。
自分の弱さと向き合い、それを、大事になさい。

人間は弱いままでいいんです。いつまでも。

弱い者が手を取り合い生きていく社会こそが素晴らしい
>|