ねまる

義母と娘のブルースのねまるのレビュー・感想・評価

義母と娘のブルース(2018年製作のドラマ)
4.1
2018年 夏ドラマ ダントツNo.1

はじめは観るつもりなかったのに、
2話で撃沈して後追いで観ました。

たぶんこれは、
"小さな奇跡を信じる人たち"の物語。

キャリアウーマンが母親になるってところまではコメディ寄りの話っぽいんだけど、
ぐっとくる台詞が詰まっていて、毎回号泣必至。

こういう笑いと感動のバランスが凄くいい作品が好きだなあ。

やたら戦国時代っぽい効果音とかお決まりの失敗みたいな演出が、作品全体を明るくさせてたよね。
あと、竹野内豊が。

「んー、そうなんですけど。でも、あきこさん。これは○○なんじゃないですか?」
って優しく微笑んでくれるから和む。
あんな人を旦那さんにしたいです、私は。

綾瀬はるかもうまくハマっていたし、
キャスティングとキャラクターが良かったんだろうなぁ。


って、前半まで思ってたんだけど、
なんか後半個人的にはイマイチだったなぁ。

大きくなったみゆきを演じた上白石萌歌ちゃんはすごく可愛かったし、天真爛漫な感じで良かったのだけど、

みゆきの勘違いだとしても、
綾瀬はるかが竹野内豊を愛してなかった。
今でも愛しているフリをしてるんだ。

なんて言って欲しくなかったし、
初めは契約だったとしても、あの2人には愛があったと私は思ってるから、
二人の側にいたみゆきにその発言はして欲しくなかった。

って思ってたんだけど、
最終回の
「そういうの、世間じゃ愛って言うんだよ」でまた撃沈して、
やっぱり全てを通して大好きな作品だなと思いました。

MISHAとGreeeenのHIDEの「アイノカタチ」もすごく良かったー。