chihiro

義母と娘のブルースのchihiroのレビュー・感想・評価

義母と娘のブルース(2018年製作のドラマ)
4.5
最近のなかではトップクラスのおもしろさ。

実際にやってたときはなぜか見てなくて、今になって録画見返したけど、これは2018年トップでおもしろい。

何がおもしろいかというと、ストーリーの展開、演出、演技、設定、すべてにおいて均等に無駄がなく、民放ドラマ特有のある種のマンネリがほとんとなかった。

綾瀬はるか演じる亜希子の真っ直ぐとした性格は、視聴者の心をグッと掴むものがあった。なにしろ、綾瀬はるかの演技力は本当に感心するものだ。ドラマ以外でのバラエティ等での性格とは明らかに違い、その役者能力に大変驚いた。

義母と娘の関係を綴る話は他にもいくつもあるだろうが、このように義母の求めるものと娘、あるいは旦那が求めるものが違いながらも寄り添い、近づいていく話はまずないだろう。それがこの時期のクールの視聴率を獲得した要因でもあると思う。

長々となってしまうが、このドラマを見ると心の空いた穴がふさがるような、ほっこりとした気持ちになるのは間違いない。曖昧な表現だが、それがまさにベストなのである。