せい

義母と娘のブルースのせいのネタバレレビュー・内容・結末

義母と娘のブルース(2018年製作のドラマ)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと評価が高すぎるかな、と思いつつも観てしまった。なんやかんや最後まで観ると、評判が良い理由もなんとなくわかる。
PTAなしで運動会を盛り上げる過程やパン屋を立ち上げるプロセスは、主人公の不器用でどこか理屈っぽい人物像に合っていて、ものすごく良かった。
だけどあとの部分はまあまあだった……。
個人的に綾瀬はるかと佐藤健が恋愛するイメージなかったので、終盤の流れが意外だった。