義母と娘のブルースのネタバレ・内容・結末

「義母と娘のブルース」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最終話
「お母さんバカなんじゃないの…
そういうの世間じゃ愛って言うんだよ」
真っ直ぐな言葉が、深く優しく染みてくる。

笑って泣けて温かい気持ちになれる、とにかくステキなドラマ。主題歌も最高。
脚本、演技、配役、演出、BGM、エンディング。どれをとっても文句がなかった。単に感動させるだけではなく、ユーモアを必ず含ませてくる演出が、余計に涙の量を多くさせた。
久しぶりに全シーンを見逃さずに集中して見たドラマ。
見事に全話面白かった。

竹野内豊亡き後半も、彼の優しい声と笑顔が義母と娘を見守り続けているような気がして泣けてきた。

子役みゆきと竹野内豊が本当の親子にみえてきたし、上白石萌歌は本当に子役みゆきが大きくなった姿に見えた。あと、綾瀬はるかの鉄人ぶりの演技や、その鉄人が母親になっていく中で見せていく微妙なほころびを、本当に細かく演じていたのが恐ろしいほど感動した。

見終わった今もまだ登場人物がどこかで生きていると錯覚させる名作に起こる現象が起きてる。

個人的に好きなシーンは、子みゆきがあきこさんに、違う色だから。って花をあげるシーンと、高校生になったみゆきが義母と同じような落ち込み方、喋り方をするシーン。

実際には有り得ないという意見もあるだろうけれども、こんな素敵な人間模様があるかもしれない、あってもいいじゃないかという夢と希望を抱かせてくれるドラマ。

本屋大賞である、『そしてバトンは渡された』と通じるような設定でも、どちらも全く違うストーリー展開でどちらも等しく感動させてくれた。

MVPはだって人間だものおじさん。嘘、みんな。
【2021#002】
 宮本亜希子(綾瀬はるか)とみゆき(横溝菜帆/上白石萌歌)親子の10年間の物語。
 心温まる<コメディ という感じだけど、最初と最後のシンクロシーン(亜希子が名刺を差し出す→みゆきが差し出す)のシーンはじんときた。
 佐藤健演じる麦田もなかなか良いキャラ
 MISIAの主題歌も良き
コメディのキレとシリアスの重みのバランスがよく、本当に泣けて笑えるドラマになってる
役のキャラクターも相まって竹之内が好きすぎて後半ハマれるかと心配したけど、
上白石かわいい、佐藤健かわいい、で後半も思いっきり楽しめた
記録
感動
竹野内豊が亡くなる時はつらすぎた
佐藤健はこういう役柄がいい。竹内豊かっこいいし、綾瀬はるか面白いし、ひろきくんもいい!!!キャストが最高だし、ストーリーも面白かった
記録用

【キー/テーマ】
 血の繋がらない親子、スキルス性胃がん
【年代】
 2009年〜
【舞台】
【職業】
 金属会社?特殊銅事業本部営業部部長、精機会社

「第一話」
【場面】
 公園、自転車練習、プレゼン、接待、マンション、会社、カフェ、児童館、小学校、バイク便、ドラマ撮影、アスレチックパーク、不動産、いじめ、神社、飛行機内、中国・上海、中華料理店、中国本社、腹踊り、パン屋
【美術】
 名刺、取引基本契約書、小学生用雑誌、アスレチックパーク入園券、伝票封筒、アスレチックパークパンフ、履歴書、手紙、合格採用通知
・画面(プレゼン資料、着信、小学生心理サイト、恋愛心理学サイト、プラン資料、中国語資料、合格採用通知)
・スチール(社長浮気現場、遺影、家族写真、両刀村正)
・消えもの(ケーキ、カフェ、家庭料理)
・劇用車(有り)
【アクション】
 自転車転倒
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】
 腹踊り絵

「第二話」
【場面】
 児童館、マンション、会社、女性限定ランチミーティング、バー、花屋カー、ショッピングモールフードコート、材料当てクイズ、ハンバーグ作り
【美術】
 中国土産、ウコン、マムシ?、小学校年間行事、カーネーション、レシピノート、退職願、似顔絵、花束
・画面(アニメ、野球中継、家事分担サイト、ミーティングメモ、家事分担ヒアリングまとめ、知恵袋投稿、着信、明日のプラン)
・スチール(無し?)
・消えもの(家庭料理、お弁当、バー、フードコート)
・劇用車(有り)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第三話」
【場面】
 会社、スーパー、小学校、PTA委員会、マンション、PTA集会、一軒家、化粧品販売、介護士、ファミリーレストラン、ドンキホーテ、運動会、手荷物検査、病院
【美術】
 クラス名簿、寄せ書き、招待状、連絡網、嘆願書、お知らせプリント、カレンダー、運動会看板、林間学校しおり
・画面(着信、PTA廃止についての嘆願、手荷物検査)
・スチール(運動会)
・消えもの(ファミリーレストラン、家庭料理)
・劇用車(有り)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
 セミ死骸
【その他】

「第四話」
【場面】
 病院、主婦井戸端会議、マンション、お弁当作り、映像制作会社、林間学校、一軒家、社員食堂、社長室、不動産屋、不動産内見、駅、リサイクル屋、レストラン、入札プレゼン後、自転車練習
【美術】
 不動産間取り
・画面
・スチール(レントゲン)
・消えもの(お弁当)
・劇用車(有り)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第五話」
【場面】
 病院、救急搬送、マンション、会社、小学校、放射線治療、スーパー、花屋、プレゼン会場、電車内、写真館
【美術】
 検査値報告書、スケッチブック、仮想提案書、名刺
・画面(レントゲン、ゲーム、放射線治療、プレゼン資料)
・スチール(家族写真、買い出しリスト、奇跡の写真)
・消えもの(家庭料理)
・劇用車(有り)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第六話」
【年代】
 2009年、2018年
【場面】
 小学校、マンション、葬式、告別室、女子高、スーパー、カフェ、電車内、パン屋
【美術】
 通帳、四葉のクローバー、武道館チケット、パン屋募集広告、値段、テスト解答用紙、履歴書、パン分析
・画面(株デイトレ?、大学HP、パン分析)
・スチール(遺影)
・消えもの(葬式、家庭料理、アンパン)
・劇用車(有り)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第七話」
【場面】
 パン屋、女子高、電車内、模試、図書館、塾、駅
【美術】
 レシート、売り上げ目標提案、焼き時間黒板、置き手紙、模試結果、パン採点表、提案本
・画面(収支計算、模試申し込みフォーム、売り上げ金額推移、連絡先)
・スチール(遺影)
・消えもの(パン、お弁当)
・劇用車(無し?)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第八話」
【場面】
 パン屋、図書館、グループインタビュー、甲府一軒家、神社、スーパー、リフォーム店?
【美術】
 店の袋、週刊漫画雑誌、一杯無料看板、リニューアルオープンへ向けてプリント、リニューアルチラシ
・画面(グループインタビュー、分析グラフ、スケジュール、メッセージ、リニューアルオープン作戦、着信)
・スチール(店外観)
・消えもの(パン)
・劇用車(無し)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】

「第九話」
【場面】
 パン屋、プチキュアイベント、通信販売フォーム作り、バー、図書館、居酒屋
【美術】
 プチキュアイベント、名刺、ブライダルパンフ
・画面(大学HP、ネット販売、着信、TV番組)
・スチール(記念写真)
・消えもの(パン、バー、居酒屋)
・劇用車(無し)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(有り)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】
 タトゥー

「最終話」
【場面】
 パン屋、マンション、カフェ、大学試験会場、病院、合格発表、結婚式場、スーパー、不動産
【美術】
 レシピノート、カレンダー、花束、受験票、お守り、コンサルティング会社パンフ、退職願、新幹線チケット
・画面(大学HP合格発表)
・スチール(証明写真)
・消えもの(パン、カフェ)
・劇用車(無し)
【アクション】
・殺陣(無し)
・銃(無し)
・血(無し)
・カーアクション(無し)
【操演】
【動物】
【その他】
人生の教科書みたいなドラマだった。特に印象的だったのは、義母がPTAでもめたとき、みゆきが「私が嫌われるようなことしないで!」と言った後の義母のセリフ。ここは現代社会の闇をあらわしており、非常に感銘を受けた。
最後はモノ寂しい結末だったけど、別れはいつか来る、それぞれの道へ、といった風に納得しました。ありがとうございます。
前半が特に好き。
パパが亡くなったシーン、何回見ても号泣する。
綾瀬はるか特に好きではなかったけど、これ見て演技上手くて素敵な女優さんだなと思った。他にこの役できる人想像つかない。
そして、竹野内豊の声が良すぎる。
登場人物みんな好きだった!
笑いあり!涙あり! 
パンが食べたくなる映画🍞