義母と娘のブルースのネタバレ・内容・結末 - 3ページ目

「義母と娘のブルース」に投稿されたネタバレ・内容・結末

しんみりする内容をコミカルに描いていて興味深かった。そのせいか普通泣いてしまうはずのパパの死が訪れたシーンではそれほど涙は出なかった。お葬式で義母と娘が今まで抑えてきた感情が爆発して抱き合ってなく場面で号泣。パパの話をしたり思い出す時、初めてみゆきが反抗するシーンも涙。ミーシャの曲が流れてまた涙。
親子のドラマは涙腺がゆるゆるになってしまう。
ここから新たにドラマが始まり二転三転するのが面白い。
涙と笑いで結末まで惹きつけられた。
第9話メモ
「私、おかしな人と家族になるのは、他の人よりちょっとだけ慣れてると思います」
素晴らしい台詞!!
質問に対して肯定するだけでなく、別のレイヤーで答え、かつ、ああ、あきこさんのことねっていう納得感。

第10話メモ
「かぁー、ひだまりか!俺しゃ」
切るところがいいww
竹野内豊が凄い好きになれるドラマ…
6話で愕然としてしまった…
しかしみゆきちゃんいい子すぎるだろう…

しかし法螺貝の音がすると笑ってしまう
まずは綾瀬はるかにあっぱれを!
佐藤健をあれだけ引っ張って出演させながら返事はNOのとこだとか、竹野内豊をスパッと写真出演にさせちゃうとか、予定調和とその逆とのバランスがすっごく良かった。
ただ子役時代はしっかり者の娘が、JKになったらうっかり者になってたのには?マーク。
子ども時代の子役ちゃんが可愛い!
竹野内豊最後のときはガン泣き

毎回、綾瀬はるかの役を通り越した溢れんばかりの美しさと佐藤健ってこんなかっこ良かったっけ?に驚いてた🤔
号泣でした。
良一さんのお葬式で泣く義理の母娘。
みゆきちゃんの「お母さん」でもう堪えきれず号泣。
世界には色んな音楽で溢れている。
みゆきちゃんの人生は別れのブルースばかりだった。
最終回は別れ、そして出会い。
母娘の新たな人生の転換点まで描かれ、最後はスッキリ前向きな気持ちにさせてくれるドラマでした。
最後がね〜惜しい。
途中の感動やらはよかったんだけど、結果麦田くん(佐藤健)とベーカリー麦田はなんだったん?なんて考えてしまい中途半端な印象でした。
まちがいなく、今期1のドラマでした!
おわってから知ったけど、仁の布陣だったのね!そりゃ素晴らしいはずですわ

一番感動した場面は、やっぱり竹野内豊が死んじゃうところやけど、
第2章に変わってからも、親子愛はもちろん、伏線が綺麗に回収されていったり、話のぜんぶが美しくて、基本的にコメディタッチやし泣かせたろ!感はそこまでないけど毎話じーんときてしまった。
心が浄化されます。
メインキャスト陣あっぱれ!
主題歌も本当に素晴らしいです。
見ていくうちにどんどん引き込まれていった。
3人川の字で寝るところとか、みゆきがあきこのことを❛お母さん❜って言うところとか、最終話なんてもうガン泣きで、こんなに愛を感じる作品ってないと思う。
すごく素敵でした。
最終話までよかったのに
ここまでのパン屋店長さんとの
やりとりは中途半端に切っちゃって
突然出てきた10年以上ぶりに会った
亡き夫の元上司の誘いで大阪に行く
これでどこを感動せぇと