Haru

よくおごってくれる綺麗なお姉さんのHaruのネタバレレビュー・内容・結末

5.0

このレビューはネタバレを含みます

家では親に結婚をせがまれ、会社ではセクハラや理不尽なことを要求されるジナ。街中で偶然に再会した海外赴任帰りのジュニは、弟の友達。お互いの兄弟同士、20年越しの付き合いで、家族ぐるみで仲の良い関係。二人は職場も同じビルにあるため行動を共にする事が多くなるが、次第にお互いへの気持ちの変化に気付き始める。

・ジュニのジナへの思いやりある行動、年上の女性をこんなにも大切にしてあげられる男性がいたら素敵だと思う。笑
・ジナ母が二人の関係を批判する言動が半端ない!とにかく憎い!
・ジナ母の批判に限界を感じて咄嗟にその場で別れようと言い部屋にこもってしまったジナに対して、ジュニが「僕は大丈夫だから泣くな」と言うシーンにグッときた
・劇中歌が全て素敵、特にレイチェル・ヤマガタの"Something in the rain"はどのシーンでも良い具合に内容を引き立てている