ShuichiIkeda

手紙のShuichiIkedaのレビュー・感想・評価

手紙(2018年製作のドラマ)
4.0
社会に溜まった鬱憤がはけ口を探して彷徨っている。
少しでも社会の綻びを見つけると、そこを出口として吹き出してくる。

社長の言葉。甘え。正々堂々としていれば生きていけるという甘え。現実の厳しさ。自分が被害者となって初めて気付くシーンが印象的。

現実を引き受けて、そこからどう生きるかを考えないと何も始まらない。