うめまつ

下町ロケット 続編のうめまつのレビュー・感想・評価

下町ロケット 続編(2018年製作のドラマ)
3.4
一番の見所はオーダーメイドスーツ着て農作業する吉川晃司だった。田んぼをバックにおむすびを食べる姿なんて、ほぼ生茶のCMだった。芸達者がひしめきあってる中、何も飾らずにただそこにいるだけでイモトが一番技術者に見える不思議。あと軽ちゃんがいい奴だってのは最初からわかってたから、あまりに尖り過ぎてるキャラにハラハラしながら楽しんだ。

ただ前作よりさらに思想の浅い悪役が一本調子でウジャウジャ出てくるから、それを佃品質でねじ伏せるのが見所だとしても結構白けた。ギアゴーストの社長は催眠術にかけられてるとしか思えなくてそこが怖い。まだバリバリ学生に見える土屋太鳳ちゃんに「父を超えたい」とか言われてもグッとこないし、どんどん途中経過も端折って行くから最後の方は結構置いていかれた。それでもある程度楽しめるテーマパーク的なドラマだった。