theatrejinanbo

下町ロケット 続編のtheatrejinanboのレビュー・感想・評価

下町ロケット 続編(2018年製作のドラマ)
4.1
佃航平の下町魂に、もちろん今回も拳に力が入る。舞台が宇宙から大地に変わったとしても、やってることはやっぱり同じ。佃プライドを貫くのみ。

ドラマ終了時にはなんか中途半端は終わり方だなと思っていたら、しっかり新春ドラマの特別編でカバー。キッチリ落としてくれた。

キャストもほとんど前回からの続投だし、TBSの力の入れ具合も伝わってくる。本当なら順番的にも「半沢直樹」の続編をやりたいところを、一向に首を縦に振らない堺雅人に業を煮やし、こっちから手を付けた感じかな。

「最後にはきっと分かり合える」。いかにも浪花節的なノリは、いつの世も日本人の心に沁みる。★4.1