takayama

下町ロケット 続編のtakayamaのレビュー・感想・評価

下町ロケット 続編(2018年製作のドラマ)
3.5
やっと見終わる。この原作者、この演出チームのタッグには正直飽きました。まあ、今まで全部見てるからこその二番煎じ感が拭えませんでした。全てのシーン、見覚えがある。
感動的なシーンの描き方の感動の煽り方が、もはや中学の卒業式レベル。日々悩む人たちの口から発せられるとは思えない理路整然とした名言・格言。色々と鼻に着きました。
でも、やはり最大の魅力はこうなるであろうと予測どうりの展開を示す快感。パズルのピースがピタッとハマるのに等しい感じ。悪く言えば意外性がないんだけど。
今作はそこまで出番がないのかなと思ってた吉川晃司も、後編は結構出てて嬉しかった。この作品の重要な要素として、吉川晃司演じる財前さんの圧倒的な真人間の堪能がありますゆえ。
連続ドラマは終わったけど、まだスペシャルドラマがある。続き気になってるんで、思う壺だな。悔しい。