おくやまだ

銭の戦争のおくやまだのレビュー・感想・評価

銭の戦争(2015年製作のドラマ)
4.0
渡部篤郎さん目当てで視聴
たくさん見ることができて、楽しかったです。

この先どうなるのかわからない展開、次々と立場が変わって行く登場人物にワクワクして見ることができた。
最後に白石が選ぶ選択肢も、納得できるものでよかった
脇でありながら強い存在感を出していた、先生(大杉漣さん)が大きいのだと思う。

最初のドキドキ感から、中盤以降のどう決着をつけるのだろう? と、飽きずに楽しめた作品。
立場がころころ変わるのも、「相手をどう利用するか」と登場人物たちの自分本位な悪さが出ているところから来ていて、なかなか他に類を見ない感じでした。