JIN

マッサンのJINのネタバレレビュー・内容・結末

マッサン(2014年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

(初回)
馴れ初めがめっちゃダイジェスト状態やったけど(笑)、とりあえず早よピン子を出しておきたかったんやろうな。
前の『花子とアン』は観てなかったので、これも観続けるかどうかはわからんけど、またお得意のイビリみたいなんを見せられるぐらいやったら観ないやろう。

JRから見える山崎のサントリー工場は確かに今でも絶大な宣伝効果をもたらしてると思う。

『マッサン』、つらいよ、マッサン・・・。

マッサン、感動させてくれるわあ〜。マッサン。

マッサン熱いわあ〜。マッサン。ちなみにさっき食べたカレーはマッサマン。

マッサン苦しい。
スモーキーフレーバーの癖の強いウイスキーが売れん。
原材料費も支払えず、従業員の給料もまともに支払えるかわからずに万事休す。
これ、あんまり引っ張られると精神衛生上悪い(笑)

マッサン観てても、ずっとマッサンの作ったウイスキーを誰も美味しいって言わへんねんなあ。
やっぱりスモーキーフレーバーは・・・って、みんな正直すぎるやろ(笑)

たぶん、今マッサン観て日本中で号泣してる人達がいっぱいいると思う。
そして、そのエリーとマッサンがあさイチのゲスト。
自分たちの演技を観て二人とも涙してるどころか、通訳さんまで泣いているという(笑)

(最終回)
クライマックスは昨日で、エリーが死んで今日はもうマッサンが完全に抜け殻になってもうてて、二人で歩んだ人生の余韻に浸るといった感じだった。
あれほど本物のウイスキーに執着したマッサンも、全てエリーという最愛の人と出逢えたからこそというのが伝わるラスト。