せい

ウロボロス〜この愛こそ、正義。のせいのネタバレレビュー・内容・結末

4.7

このレビューはネタバレを含みます

 終わり方が本当に良い。バッドエンドにならざる得ない展開だけに、あれは良かった。
 間に挟まれるアクションシーンもかなり見応えがあった。
 生田斗真の役を支えるヒロイン二人のキャラのさじ加減もちょうど良い。
 ただやっぱりちょっと地味なせいか、そこまでこのドラマは人気が出なかった気がする。『魔王』や『アリスの棘』を足して二で割ったような感じで、両者が好きな人はこのドラマも好きなはず。