ゆら

Nのためにのゆらのレビュー・感想・評価

Nのために(2014年製作のドラマ)
5.0
国内ドラマオールタイムベスト。
高1の時に凄まじい衝撃を受けて、しばらく余韻から抜けられなかったのを思い出す。思わず高校の図書館に駆け込んで原作も読んだ。

高校時代、事件が起きた年、現在。3つの時間軸で徐々に判明する事件の真相と残酷で優しい嘘たち。執着、罪の共有、虐待、など様々な愛の形から生まれるストーリー展開のあまりの切なさに胸が苦しくなる。みんながNのために。

好きなところ👇🏻

︎︎◌成瀬くんと杉下の関係
島が見下ろせるベンチで将棋を教え合ったり野望を言い合ったり。高校時代の瑞々しさといったらもう!
お互いが心の支えで大人になっても心のどこかにずっと居て。究極の愛の形を共有しているからこその2人の姿には胸がいっぱいになる。
🚢 ガンバレ N

︎︎◌野バラ荘と野原さん
賀来賢人演じる安藤と小出恵介演じる西崎さんの、杉下との関わりが本当にいい!みんなのおじいちゃんのように支える野原さんも大好きです。

︎︎︎◌キャスティング
全員配役ぴったり過ぎてびっくりする。野口夫妻とかそのまんま!!😲

︎︎◌脚本
2つの事件と登場人物たちの関係を、グチャグチャすることなく交錯させる力量が凄い。10話に関しては(特にラストシーン)死ぬほど好き。


何が言いたいかと言うと、成瀬くんかっこいい。このドラマのおかげで当時窪田くんに大ハマりした気がする。でも改めて見ると安藤もいいな〜。榮倉奈々と賀来賢人が夫婦だと思うと嬉しくて仕方ない。
今後もずっと見ていきたい作品です☺︎♡