こと

あすなろ三三七拍子のことのレビュー・感想・評価

あすなろ三三七拍子(2014年製作のドラマ)
5.0

昨日 Bsプレミアムで重松さんの
堤真一さん主演のとんびを観たので
このあすなろを以前観て大好きな作品だったので 感想を書く。
とにかくわたしは(涙)(涙)でした。

おっさんが(笑)
学ラン着て
応援団員に
応援に、老体に鞭打って
立ち向かう
今まで生きてきた人生の悲哀なんかが
露呈して
沁みるんです。

まっすぐに熱く。

昨日みたとんびも
息子の門出に応援団がする
フレーフレーを身振りでしていた父
想いを言葉と手から全身で
発する その粒子が
相手に付着する。
そして 押されてがんばれる!

とにかく
想いというのは
誰かを救えるけれど
今回の春馬さんは
たくさんのファンがいても
救い切れなかった。
どうしようもない 辛い現実がある。
それでも
誰かを応援したいのである。


支離滅裂な感想です(笑)


追伸、ここに出ていらした
芸人のほんこんさんも
めちゃくちゃ人間味溢れて
素敵でした。
ほんこんさん もっとさらに
多様にいろいろ出て来て欲しいです。