ST 赤と白の捜査ファイルのドラマ情報・感想・評価 - 2ページ目

「ST 赤と白の捜査ファイル」に投稿された感想・評価

あひる

あひるの感想・評価

-
0
これを観て自分の中で岡田将生のヘタレイメージが強くついた記憶。
STメンバー全員いい具合に変人で良いし、そんな変人たちにだんだん信頼関係が芽生えていく感じも楽しい。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.6
0
多くの反響を呼んだ、スペシャルドラマ「ST 警視庁科学特捜班」から時は経ち── 
藤原竜也、岡田将生を中心とする豪華キャスト陣が今野敏原作による最高の難事件と共に連続ドラマとして帰ってきた! 
今野敏氏の人気小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズを原作とし、多様化する現代の犯罪に対応するため新設された、警視庁科学特捜班=ST(Scientific Taskforce)の活躍を描く刑事ドラマ。 藤原竜也演じる“天才だけどオレ様な分析官"赤城(=赤)と、岡田将生演じる“気弱なエリート警部"百合根(=白)を中心に天才的プロファイラーの青山翔(志田未来)、千里耳で科学分析官の結城翠(芦名星)、鋭い嗅覚と格闘技の猛者の黒崎勇治(窪田正孝)、天才的科学と心理分析の達人山吹才蔵(三宅弘城)という科学捜査のスペシャリストたち超有能だが超個性的なSTメンバーが難事件に挑む!
連続放火事件の裏にある暴力団抗争、謎の集団自殺の裏にある新興宗教団体の中の三角関係、心霊現象番組の撮影現場で起こった殺人事件、医療ミスを告発する目的で起こった人質事件など様々な複雑怪奇な事件を、赤城たちSTメンバーと百合根が各々の才能を発揮し捜査して事件の謎解きをしていく緻密なサスペンスミステリー、人付き合いなどが苦手なSTメンバーが各回ごとに自身のトラウマや苦手なことに捜査の中で向き合い成長していくヒューマンドラマ、STの後ろ楯だった三枝が何故警察を辞めたのかや赤城が何故謎解きに取り憑かれているのかが明らかになる最終回では赤城たちSTメンバーと百合根の強い絆が描かれ、毒舌ツンデレの赤城やSTメンバーとメンタル弱い百合根のユーモラスな掛け合いも愉快で、「相棒」などに比べるとライトだが痛快なサスペンスミステリーコメディ刑事ドラマ。
オレサマな赤城を「カイジ」メソッドで演じ切った藤原竜也、メンタル弱いけどSTメンバーに信頼されている百合根がはまっている岡田将生、ボーイッシュな青山がはまっている志田未来、格闘アクションの冴えを見せる窪田正孝など、キャラクターにはまった演技も絶妙で、ミステリアスな三枝を演じる渡部篤郎が良いアクセントになっていた。
and

andの感想・評価

5.0
0
バディ系の中でも特に好き。1話だけみてほしい、、いつの間にか全話見てる自分がいるよ、、
ふぇりな

ふぇりなの感想・評価

4.5
0
とてつもなくハマったドラマ。もちろん劇場版も映画館まで観に行きました。

どのキャラクターも個性的で、それぞれに苦しみを抱えながらも、支えあって乗り越えていくのが素晴らしかった。

まだ続編作れそうな内容だと思うのでぜひ作って欲しい。ずっと彼らを見ていたい。
spica

spicaの感想・評価

4.3
0
ふつーに面白かった!
赤城さんが良いキャラしてるし、STのメンバーのキャラも良し。
なっきー

なっきーの感想・評価

4.6
0
めちゃくちゃ好きなドラマ。キャップと個性的なキャラとの絡みが最高。
なんやこれぇ、シャーロックとトリックを足して2/3かけた感じのドラマやった。
けど、おもろくて全部見ちゃった。
料理しながら見るんがいちばん
やま

やまの感想・評価

5.0
0
黒崎さんの戦闘シーンがすごくカッコよかったです
直前までシグナルを見ていたので、渡部篤郎さんに対して終始疑心暗鬼でした笑
リプデス、おっさんずラブ、玉川区役所など続けて見ていたので、見る度まるで別人な林遣都くんが本当にすごいな〜と思いました

私は先に1話を見てしまったのですが、SP版を先に見てからの方が楽しめると思います◎
うめ

うめの感想・評価

3.5
0
みんなキャラが濃すぎるw 内容もテンポが良くて面白かった印象。
sora

soraの感想・評価

3.0
0
【TV鑑賞】
原作未読 
出演:藤原竜也、岡田将生

【'19/03/29・配信】
各キャラ個性豊かでそれが活かされる話もちゃんとあっていいです。
9話にテロリスト役で眞島秀和さん出演。