なっすん

HEROES/ヒーローズ シーズン1のなっすんのレビュー・感想・評価

HEROES/ヒーローズ シーズン1(2006年製作のドラマ)
4.0
―チアリーダーを救え!世界を救え!―

【あらすじ】
アメリカ・日本・インドなど、世界各国で突如、特殊能力が発現。
アメリカのピーター・ペトレリは、現実感のある夢を見て、自分に飛行能力が備わったことを信じ始める。
思いを寄せる女性シモーヌの恋人、画家のアイザックもまた、覚醒状態に未来予知をした絵を描く能力に目覚めるが、ニューヨークで核爆発が起きる絵画を見たピーターは、「チアリーダーを救い世界を救え」というキーワードを胸に世界を救う行動に出る――


個人的にどはまりした海外ドラマ。
海外ドラマの特徴として、登場するキャラ一人一人のストーリーとスポットがしっかり与えられるが、人種・年齢・性別みごとに住み分けされ、ごっちゃにならずにとても見やすい。
与えられたスーパーパワーもそれぞれ違い、使命に思う人・うっとうしく思う人・能力を試すピーター、そのそれぞれの違いもまた良い。


「ニューヨークの核爆発」「殺人鬼サイラー」止めるべき案件、様々な目的が交錯して、主要人物たちが徐々に集まり始める展開は熱い。アクションもあり見ごたえも、season1としての掴みもバッチリな海外ドラマ。