HEROES/ヒーローズ ファイナル・シーズンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「HEROES/ヒーローズ ファイナル・シーズン」に投稿された感想・評価

パパん

パパんの感想・評価

4.5
0
カーニバルー
とりあえず、リボーンを除いてファイナルシーズンまで鑑賞。
ずっと観たかった海外ドラマだったけど正直それほど面白くはなかった。

シーズン1の序盤はどんどん出てくる能力者とその人間関係が明かされていくのが少しわくわくしつつも、その人間関係がみんな繋がり過ぎていてドラマのスケールが小さく感じる。
主人公のピーターは自分以外の能力者の能力をコピーできるチート人間。それなのにドラマ内ではいまいち活躍しない。
敵のサイラーは物の仕組みを理解する能力。自分以外の能力者の脳を(物理的に)覗く事で自分の能力にすることができるチート殺人鬼。ほとんど主人公と同じ能力。
その他に、空を飛ぶだけの汎用性は高いのにドラマ内ではほとんど活躍しない能力のネイサン(ピーターの兄さんなのにネイサン)や自己再生能力(ほぼ不死身)なのに本人が弱いのでいまいち活躍しないチアリーダーのクレア、知的で誠実そうな雰囲気を醸し出しているのにいまいち訳わからない行動にでるインド人の科学者スレシュ。
そして時空間の操作(時間停止やテレポートなど)という最強の能力を持ちながら最強すぎて大切な場面では行動が尽く失敗するし、ストーリーの根幹にはあまり参加させて貰えずストーリーを円滑に進めるために利用される日本人のヒロ。
ヒロは過去や未来へも自由に行き来できるという完全にコイツがいるだけでドラマのストーリーをどうにでも出来るという便利屋(脚本家にとって)で、しかもこのドラマに出てくる「未来」は、登場人物たちが「そうならないようにしないと!」と打ち消すものなので視聴者にとって何の価値もない。なお、実際に起こった未来は当たらないのに何故か未来予知は高確率で的中する。

数多くの登場人物たちは皆一貫性のない考えや行動を取り共感できない。確固たる意思を感じられず、どの行動をどのキャラに置き換えても大差ない仕上がりになったと思う。
ストーリーも盛り上がりに欠け、シーズン1の最終話にもカタルシスはない。そもそもあらゆる要素の目的がいまいち分からない。
シーズンを重ねる毎に明かされていく真実も、あぁそう…となるだけで面白くなく、人が死んでも生き返らせたり不死身キャラが増えたりと命に重みがなく緊張感がない。
そして能力が被りまくってたり能力自体ががんがん変わっていくのは能力バトルとしてどうなんだ。

放送当時はこの規模の「能力バトル」もののドラマというのが珍しくて面白かったのかな。
シーズン1からいきなりストーリーが行き当りばったりに感じる。

好きなところは、たまにある上手く噛み合った能力バトル(基本的に都合の良いバトル展開なので)、マットがニキと戦うところで心を読んだときに二重人格であるニキを二人組みと勘違いしたシーンなど。
と、ヒロとチャーリーの恋物語。「ある日どこかで」と「アバウト・タイム」を合わせたような切なさ。
ゆりぽん

ゆりぽんの感想・評価

3.7
0
一先ず達成感。
ピーターかっこよいしリーガルシーフードのクラムチャウダー食べてて歓喜。
パパが死にかけてまで伝えたかったこと全然わかってなくて草
Snow

Snowの感想・評価

3.6
0
サイラーが最強😆
やっとかって感じ😂
がっちゃ

がっちゃの感想・評価

4.0
0
記録
P

Pの感想・評価

4.0
0
クレア大きくなったなぁ
Takayam

Takayamの感想・評価

3.7
0
やはり惰性で見てしまうようになってしまう。
後付け設定じゃないか?って思っちゃうのは飽きてきているからなのか。

まぁ面白かったよ
やまと

やまとの感想・評価

3.4
0
幻覚なのか現実なのか、過去なのか現在なのか、観ていてわからなることが多かった。
また、能力が複雑化して、いったいどんな能力なのかわかりにくい。
この話、いる?ってのも多かった。
soleil

soleilの感想・評価

4.1
0
記録
>|