はやし

POSE/ポーズ シーズン1のはやしのレビュー・感想・評価

POSE/ポーズ シーズン1(2018年製作のドラマ)
5.0
「Disclosure」(トランスジェンダーとハリウッド:現在、過去、そして)を観てから、
マイリストに入れたっきり後回しにしてたこれをやっと観た。
一話から心を鷲掴みにされた。
そして泣いて、ほっこりして、うきうきして、辛い部分も多いけど、色々好き!!!
ダイバーシティとはなんぞや。
先人達がいたから、

そっこーS2視聴突入。
S1は80年代の夜のボールカルチャーと、
トランスジェンダー女性(たまにゲイ男性や貧困層出身男性も)の日常や生活などが描かれていて、
スタンの妻と同じことを言っちゃうけど、ほんと、美しい。女性。産まれた性別が違っただけで、なんら変わりない。
だからエレクトラを愛人にしてたポール(だっけ?)の気持ちがわからん。が、性癖や恋愛観は人それぞれなので、そういうこともあるんだね。
ドラァグクイーンとトランス女性は違うし。
とりあえず、自分がなりたい自分に誰もがなれればそれでいい!
誰が誰を好きか、他人がとやかく言うべきではないし、誰かに否定されたり、禁止されるものではない。自然なことだ!
みんながworkしてposeしてlive!(急にルー語感)
先人達よありがとう。黙ったらダメだ。

それにしてもエンジェル美しすぎ。インディヤさん、ELLEの表紙にもなってる!
METgalaからビリー・ポーターを好きになったけど、いい役。
そしてキャスティングがすごい。
役者は誰にでもどんな人にもなれるけど、適役がいるのに無視されてきた現状を打破している!もう、そうできる時代だ!