とれもろ

八重の桜のとれもろのレビュー・感想・評価

八重の桜(2013年製作のドラマ)
4.1
各キャラクターを丁寧に描いて来ているので、会津戦争での悲劇が際立つ。逆にそこがピークなので、明治編が少々退屈ではある。西郷さんはいままでのイメージと違ってミステリアスでかえってよかった。
幕末ものとしては一番いい大河ドラマかと思います。