八重の桜に投稿された感想・評価 - 6ページ目

「八重の桜」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

4.0
0
好きだった。
強い女の人の話好き。
綾瀬はるかのアクションが良かった。
鉄砲構えてるのがかっこいい。
のん

のんの感想・評価

3.8
0

躓くことが多い大河ローテーションのひとつだけど、これは好評だったね。
やっばり拳銃か刀か出ると盛り上がる。
ゆっけ

ゆっけの感想・評価

3.5
0
会津戦争のあたりは重い…見ていてつらかった。
学校編になってからは朝ドラ風
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

5.0
0
慶応4年(1868年8月)。板垣退助率いる新政府軍に対し、最新のスペンサー銃を会津・鶴ヶ城から撃つ女がいる。山本八重(23)、後の新島八重(綾瀬はるか)である。 
──会津藩の砲術師範の山本家に生まれた八重は、広い見識をもつ兄・覚馬を師と仰ぎ、裁縫よりも鉄砲に興味を示し、会津の人材育成の指針 
“什の掟"(子弟教育7カ条)「ならぬことはならぬもの」という理屈ではない強い教えのもと、会津の女として育っていく。 
八重17歳のころ( 1862年)、会津藩主・松平容保が京都守護職に任命されたことで会津の悲劇は幕を開ける。兄・覚馬ら会津軍は、西郷隆盛率いる薩摩軍と共に蛤御門の変で長州軍を破る。そして薩摩の寝返り、日和見主義の諸藩の動きの中にあっても忠義を貫く会津藩。 
しかし、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍は敗れ、会津は新政府軍から「逆賊」 として扱われる。新政府軍との力の差は歴然。女や子どもを含め、 
多くの仲間が次々と死んでいく中、鶴ヶ城籠城戦で男装し、自ら銃を持ち夫・川崎尚之助と共に最後まで奮戦した八重だったが、白虎隊隊士たちの無念の死や、夫との別れを経て、会津戦争の敗北を自らの中で受け入れていく。途方もない喪失感の中、八重はそれまでの生きがいであった鉄砲を捨てる。 
逆賊、時代遅れ…そう世間にののしられる中、八重と会津の仲間たちは新たな生き方を模索。再び兄を頼り京都へ、そこで「知識」という新たな生きがいを得る。 
鉄砲から知識へ。手にする武器は変われども、女ながらに「ならぬことはならぬもの」と会津のプライドを貫く八重は、京都でも存在感を増し、 アメリカで西洋文化にふれた青年・新島襄をも魅了、結婚する。封建的風潮の残る中、男女の平等を望む八重は、西洋帰りの夫を「ジョー」と呼び捨てにし、 レディーファーストを取り入れる。その奇妙でおかしくもある夫婦関係を世間がののしっても、八重はまるで気にしない。 
その生きざまを夫は「ハンサムウーマン」と称した。 
日清、日露戦争が起こると、会津戦争の原風景が残る八重は、仲間と共に篤志看護婦として名乗りを上げる。 
戦場に女が赴くなど考えられなかった時代、八重たちは果敢に行動していく──。
「日本のジャンヌダルク」と呼ばれハンサムウーマンの先駆けとなった新島八重の生涯を描いた大河ドラマ。
鉄砲を片手に男装して新政府軍を苦しめた「日本のジャンヌダルク」で同志社大学創立に献身し日本の女性の地位向上に尽力した新島八重の生涯は、今こそ再見すべき大河ドラマ。
綾瀬はるかの凛々しい魅力を発揮した意欲作。
ロム

ロムの感想・評価

4.0
0
新島襄・八重夫妻については学生時代から馴染みがあって、しかしながら八重さんについてはさほど詳しく知らなかっただけに、ここまで強い女性だと知って驚き。
そんな強い女性を深く愛した新島先生、改めて敬服。

陥ちた会津城の姿が胸に迫った。
utauminko

utauminkoの感想・評価

3.8
0
オンタイムではなくDVDで鑑賞
新島襄さん最後の言葉「グッバイ、また会いましょう」で泣きました〜
そして襄さんと八重さんの教育への熱意に感化されて、通信大学に在学中…
ちどりん

ちどりんの感想・評価

4.2
0
始めはピンとこない人を主人公にして興味をそそられなかったが会津藩の哀しい運命やその兄の京都での働きぶりまでしっかり描けていて最終的には良かった。
きんきん

きんきんの感想・評価

4.3
0
修学旅行で鶴ヶ城に行ったとき「裏切り者め!」とおじいさんに言われてキョトンとなったが、近県の歴史を深く知れて良かった。
|<

あなたにおすすめの記事