しー

S -最後の警官-のしーのネタバレレビュー・内容・結末

S -最後の警官-(2014年製作のドラマ)
3.4

このレビューはネタバレを含みます

主演2人がかっこいい
犯人を生きたまま捕まえるのか、人質の命を優先するのか、難しい局面が毎回出てきて考えさせられるところもある

ただ、一號(向井理)がアツい男なのはいいのだが、チームプレーが必要な特殊部隊でワンマンプレーに走りがちなのは大丈夫なのだろうか?
原作がコミックならこんなものかなという気もするが、個人的にはモヤッと

犯人に殺されかけてもその犯人の命を守ろうとする一號と、一號を待つしかできないゆづる(吹石一恵)を見ていると、終始ゆづるがかわいそうに思えてしまう