さちこ

S -最後の警官-のさちこのレビュー・感想・評価

S -最後の警官-(2014年製作のドラマ)
3.2
・極悪な犯人は制圧すべきか、それとも確保するべきか。生きて罪を償わせるか、死んで終わらせるか。(記憶を薄れさせる)

・自分が持つ信念が揺らぎそうになっても自分を貫くため、孤立する蘇我が印象的だった。

・一生答えの出ない問題を抱えながら生きていくのが人生なのかも知れない。