新道真倖

S -最後の警官-の新道真倖のネタバレレビュー・内容・結末

S -最後の警官-(2014年製作のドラマ)
2.5

このレビューはネタバレを含みます

⬜︎走り書きレビュー

原作の漫画は未読


日曜9時に親子で観れる特殊警察官物!
この一言につきる作品

ネタバレかもしれませんが、出てくる人は誰も死なないので子供でも安心して観れるかと

気になったら1、2話を観て楽しめたなら最後まで楽しめます



以下、辛辣な感想なので好きな方は先は読まないでください









豪華キャストを使いながらここまで緊張感やハラハラ、ワクワクを全く感じない茶番警察物を作れることが凄い


ストーリーの骨子の設定は面白い題材なだけに、それを全く活かしきれていないと思いました。


1話の描き方も下手であり、後半につれて面白さがなくなり、蛇足でしか観れない

箇条書きでも

◯キャラクター達の信頼関係を描く描写を全く描かないのに、チーム感をなすりつけてくる

◯各キャラクターの魅力を紹介も掘り下げもしない

◯カット割りで誤魔化すアクション

◯緊張感のない現場シーン

◯頭の悪い犯人達

◯BGMの使い方が壊滅的に下手
 →毎回、多用される泣き感動系BGMが最高に冷める


作品を面白くしようとする、役者さんの演技力だけで話をもたしている作品だと思いました