マッチョデーモン

ガリレオ(第1シーズン)のマッチョデーモンのレビュー・感想・評価

ガリレオ(第1シーズン)(2007年製作のドラマ)
3.7
東野圭吾の小説は読んだことありません。機会があったら読もうとは思っているのですが他に優先している本がたくさんあるので機会がなかなか訪れません。映像作品はいくつか見ている。

推理もののトリックを暴くことは諦めているのですが、本作の蜃気楼は湯川先生が答えを言う前に気付けました。おい内海君、褒めたまえ。論理性の塊のようでいて相当人間的な湯川先生のキャラクターは実はかなりしっかりした倫理観のあるシャーロック・ホームズに重なる。劇場版、特に2作目はドラマの映画化としては白眉の出来なので、映画好きならその下地がしっかり踏み固まっている本作を見て映画も見て欲しい。東京都の半分を吹き飛ばすレッドマーキュリーの演出についてはノーコメントで。