JIN

デート~恋とはどんなものかしら~のJINのレビュー・感想・評価

4.5
(初回)
従来の結婚観、恋愛観、価値観をひっくり返す、まるで面白おかしく問題提起でもされてるかのようなこの話、なるほど、古沢良太脚本やったんやね。
結婚とは契約であるということを考えると、確かに恋愛とは別モノだ。
延長上にある必要もない。

フラッシュモブプロポーズシーンはドラマ史に残る名シーンだと思う(笑)
あんな無残に響く『MajiでKoiする5秒前』(by 広末涼子)はない。

(最終回)
かなりの大人になるまで恋をしたことのない者同士のデートは滑稽でユニークで痛快だった。
恋はするものではなく落ちるものだとは言うけども、恋が往々にして思い込みから始まるものだとすれば、自覚できなければ恋が恋だということすら気づかない。
あの何でもないようなラストの桜のシーンで、自分は涙が出そうなぐらいいたく感動してしまった。
言葉少なにいろんな想いが伝わってくる、見事な表現。
最高の名シーン。
このドラマはフラッシュモブのプロポーズシーンもドラマ史に残る名シーンやったけどね(笑)