しろまめ

35歳の高校生のしろまめのレビュー・感想・評価

35歳の高校生(2013年製作のドラマ)
3.5
米倉涼子と率いる脇役大人チームがかなり豪華。
生徒役もこれからを期待されてる若手ばかり。
なかでも菅田将暉はピカイチ。
35歳の高校生でクラスカーストトップであり、
クラスを支配していた生徒が、
自分の本音を初めていう最終回が特段目を引いた。
内容だけに彼がこの後3年A組で先生役に回るのも中々。
ストーリーが一貫として大人も子供も情報に惑われやすく、
狭い世界で生きてることを感じさせる、クラスの閉塞感。


米倉涼子演じる馬場亜矢子が題名通り35歳の高校生という形で
狭い世界を切り開いてくのが痛快かも