グラタンボーイ2世

dinnerのグラタンボーイ2世のネタバレレビュー・内容・結末

dinner(2013年製作のドラマ)
4.4

このレビューはネタバレを含みます

料理人としておいしさを追求することに全てを尽くす江崎のキャラクターは、回が増えるにつれてとても愛着が沸いた。江口洋介の演技から、本当に料理を心の底から愛してる感じが特に後半になるにつれて伝わってきて、私も楽しくなってしまったのだ。
「プロの料理人」
この言葉は全体を通してよく使われている。このドラマは、料理人を例にしながら、仕事とはどういうものなのかについても要所要所で考えさせてくれる。それをみて、私はシンプルに「かっこいいな」と思ったし憧れの念ももった。
非常に面白いドラマだと思う。江崎のキャラクターに惹き込まれてしまったのは、最初に述べた通りだ。また支配人(倉科カナ)は可愛いすぎた。