tokutoku

空飛ぶ広報室のtokutokuのレビュー・感想・評価

空飛ぶ広報室(2013年製作のドラマ)
3.9
航空自衛隊の協力による戦闘機などの映像、空自基地でのリアルな描写が盛りだくさん。また、主人公の働く情報局部屋は細部にまでこだわった作りで、最終話で部屋の作りが少し変わっており、時が経ったことを感じさせる作りに脱帽。+1

仕事、恋愛を扱いながら、人生における輪廻というか、善意や努力は巡り巡って自分に返ってくるというメッセージを感じる作品である。挿入歌contrail(安室奈美恵)の歌詞にもその意図がうかがえる。+1

10話の最後から11話は(原作を読んでいないので)予想外の展開。個人的には、10話の最後で稲葉リカと空井大佑が電話で「じゃ明日」と会う約束をする場面で終わってほしかった。それでスッキリ見終わりたかった。

以前、岐阜基地でブルーインパルスを見た時はただのイベントの一つにすぎなかった。改めて見たいと思った。航空自衛隊かっこいい。+1

新垣結衣かわいい、綾野剛かっこいい、柴田恭平しぶい+0.9