リッチマン、プアウーマンのネタバレ・内容・結末 - 4ページ目

「リッチマン、プアウーマン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ちょっと違う角度から。これめっちゃ前のITの走り?というか今ほどIT、ITって言われてなかった時代なんよね。すごいよね、たしかオリジナル?脚本なんやっけ。あの時はふーんこんなおしゃれですごいことしてそうな会社実際にはないやろってめっちゃ思ってて、でも時が経って就活終わって今思うとふつうにめっちゃあるよねネクストイノベーションみたいな会社。最近ちょっと特殊な職業(法医学とか技師とか)のドラマやりがちやけど、この頃は結構これが特殊やったんやなあと思った。
ふつうにめっちゃ好きなドラマ。僕まだで最終回がこんなに好きなドラマないって言ったけど、これも私史に残ってる最終回。
SPドラマもしっかりしてくれて、すごい満足度高かったなあ。「まこと。」「もう一回言って」的なとこ、家のシーンが好きすぎるのよ。相武紗季のサバサバ感も好きやったしなあ。


追記 再放送にて
いやあ。やっぱり。これ。
6話見たけど、このラストのすれ違いよ。これぞ恋愛ドラマなのよ。最近のはこの耐える感じのシーン少なめでキスキスキスやからな…
これがあるからこそ最終回の空港キスが映えるのよ。

最終回(再放送)
これはもう歴史に残るレベルで最終回よかった。よかったすぎた。まとまり感ももちろんあるけど、日向徹がやってきたことが全部自分のことを救うっていうところがよかったな。(まことを追いかけるためにアプリ使ったり、顔を見ながら話せるアプリ作ったり)ただ面白いとが好奇心とか今までに無いものを作りたいっていう思いがはじめ強かった分、最後には大切な人のため自分の幸せのために会社を復活させたりシステム作りしたり自分を変えたりできるようになったところにすごく感動した。(文長っ)
石原さとみがひたすら可愛い。
そらー接近禁止令出すわ。
miwaも良かったし、勿論ドラマとしてもすごく好きだった!あの小栗旬のスマートな雰囲気よね、、プレゼンの仕方とかプロさを感じた。
石原さとみ演じる夏井まことがキラキラしてて、根性あって迫力あって、あんな風な大人になりたい。私も人生で失敗ばかりしてるけれど、成功に変えられる力を得ていきたい。なにもない今の私にはとてもタメになった。背中押された😢 このドラマを見て良かった。私みたいに後ろめている人にオススメしたいドラマ。
大好きな作品

小栗旬さんの石原さとみさんに対する
小さな行動がグッとくる

バイクにのせるシーンで、ぐっと腕を引いたり、
空港でのキス最高でした。

ネクストイノベーション切実に入りたい
メモ
小栗さんがかっこいい
一番ハマった
とくに石原さとみの土佐弁最高
・キュンキュンしながら見てた。小栗が役柄精神病的なちょっとおかしい人だけど、まぁ格好良いくて石原さとみとくっつくのを楽しんでた。
ラブストーリーのドラマを見たい気分になり、恋愛ドラマランキング上位だったのでセレクト。小栗旬がかっこよくて、石原さとみが可愛くて、今ドキな会社を舞台にしたドラマ。
「日向さんのことが好きすぎて辛いんです…」という夏井さんの言葉が心に残り続ける王道ラブストーリーな印象だった。爽やかかっこいい脇役の相武紗季が見ていてとっても気持ちがイイ。こういう髪型すごく似合ってて、今までのイメージと違って魅力再発見。
良かった
面白さも、恋愛のドキドキも、井浦新の苦悩とか色々…良かった
大好きです!!!

わたしの人生に影響しまくりでした。


かっこいい、かっこよすぎる日向さんがまじでえげつなくかっこいいの、しかも彼氏感満載みで、リア恋すぎてつらみ


もう!ひとつひとつのシーン大好きだし、いつ見ても泣けるし、感情移入ハンパないし

かといって、旬くんがただただかっこいいだけかっていうと
そうなんだけど、まぁ、でも、他の魅力も沢山あって、

例えば井浦新もなんか役柄すっげぇの。ネタバレしちゃうからあんま言えないけどまじかよ、、、。って絶句しちゃうレベルだし、、、


相武紗季は、今まで数々の腹黒女を演じてきたんだけれども(彼女自身が腹黒だとは言ってないし思ってない)
今回は群を抜いてやべえ。
ていうかよくオファー引き受けたなくらい。程度でいうと、ブザービートのときくらいか?


ストーリーもしっかりしてて、毎回毎回すっごい
ハラハラするし、会話とか覚えてるのに、それが逆にあ、次こうなるつらみ。からの、あー、やっぱねこうなっちゃうんだよ、つらみ。
のダブルパンチが効いてくるからここまできたら注意が必要。
わかるひとにはわかる。



石原さとみちゃんもね、すごいの、、、。
なんだよその表現って思われるかもしれないけど
超人並みの記憶力で入社しちゃうし、お偉いさんと仲良くなるし、ITのしかも社長の日向徹のハートを射止めちゃうし、人格までも変えてしまうし、井浦新にヤキモチ妬かせちゃうし、
とにかく一言一動目が離せないし、小栗旬ファンとしてはうらやましい、うらやましすぎて発狂しそうなくらいのポジションにいるのです。彼女は。

キスシーンの美しさと、切なさと、嫉妬と、キュンキュンと、ズキズキとで何度涙を流したことか、、、。


だいぶ長くなってしまいましたが、逆にこれほど長くお付き合いいただいてる方には、そのご厚意に甘えまして、もう一度小栗旬の話を蒸し返そうと思ひます。



すっごく天才で、若くして2人で会社を立ち上げた日向徹くんですが、
まぁ、会社はうまくいき、大きい会社になるわけですが、
この方、なんと言いますか性格にひと癖ふた癖ありましてね、
まぁ、そこが萌えポイントでもあるわけなのですが、
いろんな人と対立しちゃうんですよ。

それこそ、もう、ネタバレ表記にしたから言っちゃうけど、自分の作った会社なのに、自分辞めさせられるっていうね。

それなのにそこでめげずに新しい会社をつくるんですよね、

あぁ、ここのシーンぜひみてほしい!!!
いや、全部見てほしいのだけれども、ここは逃しちゃいけないよ!!!


まぁ、そんなこんなでうまくいったかと思いきや恋愛面でお互いを考えるあまり、&恋愛を知らなさすぎるあまり、すれ違っちゃうんですよね、
ここがまた切なさマックス、ハートズキズキポイントとなるのです。

最後はね、まぁ想像通りのハッピーエンドになるわけなんですけれども。
まぁ、ここにいたるまでの過程がね、ほんとに見てほしいです。
そして共に語りたいです。

日向徹の影響で、部屋のモノは少なく、かつ、こだわりのものを志向になったし、シンプル&モノトーン志向になったし、洗面所のタオルは茶色人間になったのです、私は。

最後になりましたがここまで拙いだけではなく、キモオタ全開の文章に付き合っていただいた皆様ありがとうございます。


途中で読むの辞めたわ!っていう方もありがとうございます。それが正解です。
|<