JIN

37歳で医者になった僕~研修医純情物語~のJINのレビュー・感想・評価

4.8
(初回)
HDD残量が足りなくて半分しか入ってなかった…。
これなかなか面白くていい所やったのに。
結局どうなったん?
サカナクションの主題歌も聴き損ねてもうたし…。

第2話、今度こそはちゃんと最後まで録画できてた(笑)
このドラマやっぱり面白いね。
ただ仕事の話が全面に出てるから見てていろいろ考えてしまって何か勝手に変な重圧を受けてるような感覚になる(笑)

つれえ〜!!
涙出そうになったわ。
それにしても予告編って卑怯な手を使う。
田辺誠一が草彅君に「明日から来なくていい」っていうシーン。
実際には「それがわからないなら、明日から来なくていい」と言っていた。
やりやがった(笑)
編集一つで大きな勘違いを起こさせる。

「いつから「仕方ない」って思えるようになったの? ナースになったばかりの時に、こうゆう風に諦めてる自分のことを想像した? 「仕方ない」で諦めようとは僕は思わないよ。状況が変わらなくても、自分は変われるから」 
草彅君演じる紺野の名言。

(最終回)
今期一番好きだったドラマ。
清々しいラストだった。
紺野の意志がちゃんと他の人達にも波及して「変わる」という大きなテーマに着地した。
青臭いのは若さの特権ではなく「青臭いのは、自分を変えようとしてる人の特権ですよ」はまさに名言。
医療ドラマではあったけど、どの職業にも通じるものがあった。
「大きなケーキを独り占めするためではなく、分け与えるためだったんだなあ」
特に上に立つ者はこの気持ちがあるかどうか、その器量が試されると思う。
初心を忘れず、違和感に慣らされず、新陳代謝を心掛けて。(2012.6.19)