森崎

海賊戦隊ゴーカイジャーの森崎のレビュー・感想・評価

海賊戦隊ゴーカイジャー(2011年製作のドラマ)
-
しばらく離れていたニチアサに再びハマるきっかけになった作品。

一度目は池田純矢が出ていたことと劇場版に好感を持てたことからDVDをレンタルして一気見、懐かしのキャストがどんどん登場する35周年記念に相応しいお祭り企画としてもゴーカイジャー単体としても面白くて大満足だったことを覚えている。

そしてまたありがたいことに東映公式YouTubeでの全話配信があったので毎週楽しみにして二度目の視聴となったわけだけれど、二年前の初見のときと変わらず面白かったし各戦隊フィーチャー回は元ネタを知っていればいっそう深く楽しむことができることに気づいたし、なにより改めて池田純矢が伊狩鎧で、ゴーカイシルバーで良かったと思う。

夢を掴むために宇宙のどこかからこの地球にやってきたゴーカイジャー、その追加戦士は唯一の地球人であり戦隊ヒーローを愛する男。かつて特撮に親しんだ者としては感情移入しない訳がないこの伊狩鎧というキャラクターをこんなにも格好良く、良い奴として存在させてくれてよかった。そして一人前の宇宙海賊としての成長に影響を与える五人のマーベラスを軸とした信頼関係が成熟していてアツい。

絶対的な仲間という五人(とトリ一羽)の関係だけで出来上がっていたゴーカイジャーがレジェンドと出会い、鎧と出会い、戦隊ヒーローの力を信じている名も無き人々と出会う。その小さな積み重ねがクライマックスに活きているし、毎年新たなヒーローの活躍を楽しみにしていた私の中にも生きている。

戦隊を語るうえでは外せない作品、それは間違いない!