水辺の君に

SUITS/スーツ シーズン7の水辺の君にのレビュー・感想・評価

SUITS/スーツ シーズン7(2017年製作のドラマ)
-
ついにマイク&レイチェル卒業シーズン!てか、マイクは残せばいいのに…。今後ハーヴィとのコンビがなくなるともうそれはSUITSの世界観ではないんじゃない?って思うんですけど…。
しかも今シーズンは新しく代表として奮闘するハーヴィー、兼任で苦労するマイク、COOとして苦悩するドナ、みんなで事務所を守るため頑張るetcそこら辺がメインだったわけですが、逆にそこに集中してたのが今までとは違う色になっててよかったんじゃないでしょうか。ただし、面白いかどうか、好きなSUITSかといわれるとなんとも…。
海外ドラマあるあるですがシーズン続くとキャラ変するよーに、今回はドナがCOOになったとたん今までの能力が無かったかのように弱キャラになっちゃったのが残念ですよね。秘書とスキルが違うと言われればそれまでですが、ドナはそーゆーキャラじゃなかったのに…ていう。しかもハーヴィーがそんなに恋愛重視してドナを軽視するってのが今までの10年以上の関係考えたらおかしいだろ!っていう。まぁ、それだけ恋愛に本気になったっていう意味もあるし、ドナの重要性を再確認できたってのもわかるんですけど…。そこをドラマに盛り込むのは奥の手というか…残念。
果たして次シーズンどうなんのかわかりませんが取り敢えず観るでしょうし、期待してますよ!