渡部克哉

アンダー・ザ・ドーム ファイナル・シーズンの渡部克哉のレビュー・感想・評価

1.8
俺のときめきを返して欲しい。
「シーズン2」がグダッて心配だったけど、ちゃんとビッグジムとの決着をつけたり、物語が大きく展開したから安心してシーズン3を観る気になった。

正直、こんなんなら観なくてもよかったやん!!
なんなん!結局エイリアンかよ!
原作はエイリアンの子供のいたずらって設定らしいけど、まさかのエイリアンの侵略の手口だったなんてね。

俺は寄生方&ウィルス方エイリアン(見た目が思いっきり人間)が大嫌いなんや!なんも説得力ないし、人間を無感情にして手下にするとかグダグダさせるようなもんじゃん。
そもそも、ドームが現れてから数日経ってるのになんで二人の女に誰も気がつかなかったの?THE怪しいの一言で終わらせられるっての。それなのにみんな信頼しきってて馬鹿じゃねぇの。

シーズン2のラストの後どうなるんだろうと思いきやまさかの夢オチですよ夢オチ!
繭に入れられて夢を見せられるという90年代SFドラマの設定よ。もう残念でならない。
サムに昔殺された女も狂っちゃうし、バービーの父親も無能だし、ドームから抜け出せる鍵を握ったのにいつまでたっても脱出しないし、バービー洗脳されるし、シーズン1を観た時の俺のときめきを返してくれー!!