akimu

ダウントン・アビー シーズン5のakimuのネタバレレビュー・内容・結末

4.5

このレビューはネタバレを含みます

トニーに決めたと思いきや別れるメアリー
トムとのお別れ
気づけばダウントンのみんなの心を繋ぎとめて、無くてはならない人になっていた。
旦那様の最後のスピーチも良かった

ドリューの奥さんがかわいそうでね
ドリューさんは悪くないのに助けてあげようとしただけなのにね
あの一件だけはイーディスの身勝手さに腹が立つ
メアリーが嫌うのはああいうところなのかな

イザベラが結婚してしまうかもしれないとやめさせようと画策するバイオレットのかわいいこと。
イザベラが貴族になることが嫌なのでは無く、なんでも話せるお友達を失うことが悲しいというバイオレット
貴族として生きることにプライドを持っているけれど、その難しさを誰よりも知っているからこそ、イザベラにはそうはなってほしくない、自由に生きる人であってほしいと願っていたんだなと
そしてバイオレットの若き日の恋の再来
駆け落ちしようとしていたけれど、相手の奥さんが連れに戻ってくれたことに感謝していたから、行方不明だった奥さんを探してあげてあの日の借りを返したというバイオレット
なんてかっこいい生き方をする人だとあらためて好きになった

コーラが旦那様にないがしろにされていると感じていた時に男に言い寄られるんだけど、きっぱりと拒絶する姿が素敵
第3シーズンくらいからコーラがかわいくてかわいくて大好きになった

パットモアさんのために記念碑を作ってあげる伯爵の優しさに感動

ダウントンを見始めた時は貴族なんてぬるま湯の中で体面だけを気にして生きている人たちと思っていたけど、貴族も悩み苦しみながら必死に生きていて、気づけばダウントンのみなに心を奪われて応援していた。
貴族としての気品、プライドを持って生きるということは決して体面を気にして生きることとイコールでは無いのだと理解した