zkty1006

運命の人のzkty1006のレビュー・感想・評価

運命の人(2012年製作のドラマ)
4.5
一気に観てしまう。

戦時中の新聞の嘘が悲劇を深くした。
真実を伝えるものが逆に
権力側の広報と化していた。
そんなことを繰り返してはいけないと抗い続けた新聞記者の物語。
沖縄返還の際の密約をめぐる権力との闘い。
まずはこのような人物が存在したことに救われる。泣きそうになる。フィクションではあるがモデルにした人物がある#山崎豊子氏の小説が原作。
人間は醜い。人間は気高い。いろんな人間がそれぞれの正義で生きている。それで出来上がった今の日本を「彼」がみたらなんと言うだろうか。

リアルタイムでは視聴率伸びなかったらしい。私も知らなかった。しかしかなり美しかった。美術が素晴らしかった。昭和の美しい言葉づかいが好きだ。自分は関西弁しか話せないけど。昭和が好きなんやろうな私、と確信が強まった。

もっくんは坂の上の雲とかぶったけど
すばらしかった。