エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン12012年製作のドラマ)

Elementary S1

製作国:

4.0

あらすじ

「エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン1」に投稿された感想・評価

koring

koringの感想・評価

4.0
0
バディの相性が抜群だしキャラもそれぞれしっかりしていて見やすい。吹替えもぴったり合っていて心地よい。ミステリとしては特出するものはないけどホームズが依存症から立ち直る過程に焦点が当たり人との関わりの中で問題を克服していく姿やサポートするワトソンの真っ直ぐさには胸を打たれた。全体を通してよく纏まっていたと思う。
ぽたぴち

ぽたぴちの感想・評価

4.5
0
カンバーバッチのシャーロックが好きで、なんとも気に入らなかった。はずが、、
ろぜ

ろぜの感想・評価

4.5
0
男女バディのホームズ&ワトソン!
ホームズ系の他諸作品よりも圧倒的に本家からの引用?パロディ?が少ない。
他のホームズ系作品よりもかなり2人が仲悪いスタートで、下手したら普通ホームズ&男性ワトソンよりも所謂「クソデカ感情」の感じが薄いかも…
…と、思っていたけど、後半からうなぎ上りに尊さが爆発していって、16話とか泣いちゃったな… 最高すぎ、バディ厨はみんな見ろ…
柑橘

柑橘の感想・評価

-
0
記録。合わなかった。
アメリカのドラマなのでポリコレに配慮している。
それは良いことなのだけど、その優先度が高いためにフォローが挟まるので話や台詞の流れに違和感を感じることが度々あった。
原作とは切り離して、と分かっていても中途半端な先入観がどうしても消えず、ワトスンやハドスン夫人に慣れることができなかった。悔しい。
よし

よしの感想・評価

3.5
0
ジョニー・リー・ミラーがノリノリ!ルーシー・リューは初の女性ワトソン。ブレないし、ほどよい。吹替も悪くないから流し見にも最適。1話完結型男女コンビ捜査モノというアメリカTVドラマの安定雛形で王道っぽい(話数も24エピソード)、原作はもちろん英国だけど。説明的邦題が騒がしいけど本作に関してはやむなしか
SH1R0LiN

SH1R0LiNの感想・評価

4.5
0
個人的にはどのアレンジ版シャーロック・ホームズよりおもしろいとおもってます。ホームズとワトソンの男女間ながらも「友情」という枠からはみ出さずに描いてあって、ブレないところが好感度高い。
あやちん

あやちんの感想・評価

3.5
0
冷めた目で見始めた
何故ならミラーが
私の想像してるホームズと
開きがあったから
(じゃあワトソンは?
モリアーティは?
って話だけど 笑)
…いつの間にかハマってた
おーたむ

おーたむの感想・評価

4.2
0
最近、映画にはとんとご無沙汰ですが、かわりに海外ドラマを見るようになりました。
特に好みなのは、一話完結の捜査ものや法廷もの。
こういう作品の何が良いって、他に別の作業をしながら流しておくのに最適なんですよね。個人的に。
ということで現在、同時並行でいろんなドラマをちょっとずつ見ている(というか流している)最中なのですが、その中で最初に見終わったのが本作でした。

前述のとおりの一話完結型のサスペンスミステリですが、作品の縦軸として描かれるのは、ホームズとワトソンの再生の物語であり、また、ホームズ&ワトソンというコンビの誕生の物語です。
この縦軸もきっちり機能させ、良質のサスペンスと並行して感動的な人間ドラマを描いてみせた製作陣は、なかなか素晴らしい手腕だったと思います。
二人とも挫折者に設定するとはねー。
なるほどなー。

アジア系女性という思いきったワトソンの造形も、いい方に転がってたと思います。
単に目新しいとか、現代的なトレンドを押さえたとかいう意味合いだけでなく、「男性であるホームズには理解しえない部分を持ち、それを補える」という点で、ルーシー・リューのワトソンは、よりホームズと対等な存在になりました。
女性版ワトソンというアイデアは、本作が魅力的なバディムービーとなった要因の中でも、大きなものの一つだったんじゃないでしょうか。

まあ、長々申しましたが、要はおもしろいサスペンスドラマだったってことです。
もちろんシーズン2も見ます。
そう思わせてくれるだけのシーズン1でした。
DAIKI

DAIKIの感想・評価

4.0
0
記録
noy

noyの感想・評価

-
0
やっぱりシーズン1の面白さはピカイチ
フィナーレもしみじみ美しい
知りうるすべてのホームズとワトソンの中で最も対等なパートナーシップを結んでいると感じる