千戸

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン2の千戸のレビュー・感想・評価

3.8
今まであまり観て来なかったタイプの推理ドラマだったので最初はとっつきにくいと思ってしまったものの、ここまで全部観ていくうちに知らぬ間に虜になっていました。いつから次が早く観たい!と明確に思うようになっていたのか分かりません。

いくら天才のシャーロックといえども彼も人間であり苦手な事が1つはあるもので、ワトソンと出会うまではかなり無頓着だった他人との付き合い方もシーズン1とはどこか変わりつつあります。扱いづらかった彼の話す事を友人として根気よく聞き続けた優秀な相棒ワトソンも、シャーロックと関わり初めて少しずつ心境に変化が生まれつつあるようです。

完璧ではない天才ホームズと、どこかそれを支え補うように寄り添うワトソン。

シーズン1では2人の関係構築や2人がどのような過去を得て今の状況にあるのかなど徐々にドラマのベースを固めるような物語でしたが、シーズン2ではそんな少しだけ狭かった2人の世界から少し飛び出し、2人を取り巻く周りの人々にスポットライトが当てられます。

2人を知れば知るほど感情移入をしていき、胸が締め付けられるような展開が待ち受けているので是非最後まで。