Saki

家政婦のミタのSakiのレビュー・感想・評価

家政婦のミタ(2011年製作のドラマ)
4.0
まさに松嶋菜々子演じる家政婦は「やさしくなりたい」だったんだなあ。

松嶋菜々子も長谷川博己の家族も大きなものを抱えてて。松嶋菜々子には息子と旦那の火事での事故死。長谷川博己には奥さんの自殺。松嶋菜々子は自分を責め続け姑に二度と笑うなと言われロボットのように家政婦を務める。長谷川博己の家族もみんな集まることなくバラバラな生活に。

すごい後味の悪いドラマなんだけど、優しさに触れて少しずつ自分をゆるせるようになっていく家政婦の姿が神妙に描かれているのがいい。全てを燃やそう、と。過去は変えられないし家族を思って苦しみ続けてしまうかもしれないけど、自分たちは愛なき時代に生まれたわけじゃないよねって。自分だけ生きていてごめんなさいと思う気持ちが出てきてしまう。けど、亡くなった人はずっと家族であって。

でもまあ見ていてくるしかった。これで本当に前向きになれる?というようなおわり方。全ては主題歌に詰まっているからこの主題歌すき。つよくなりたいしやさしくなりたいよね。たいせつなひとと生きて、たいせつなひとを笑わせられることって奇跡だな。