JIN -仁- 完結編のネタバレ・内容・結末

「JIN -仁- 完結編」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前シーズンが医学要素が強かったのに対し、今シーズンは歴史・SF要素が強まって、本当にどっちもいい味をだしてた思う。
テクノロジーが発展した現代は、なんでも人間一人でできてしまうように思えてしまう。
でも、本当は社会は、たくさんの人たちが、それぞれの道をもちながら、想いをつなぎ、助け合い、ときにはぶつかりながら成り立っているんだと実感させられます。
そんなあたたかく、まさに「仁」をもった人々を描ききったこのドラマは本当に傑作だと思う。
最後の咲からの手紙は涙なしにはみることできません。
本当に素晴らしかった!
シーズン1より更に面白い!
歴史を知ってたら更に面白いのかな?って思います。
最終話は涙涙で、ハッピーエンドのような、そうではないような…
10年経ったので、新しいキャストでまたやって欲しい!前の方がいいなって思うかな?でも見てみたいです!
南方先生が無罪放免になったあと咲さんから食べたいもの聞かれて揚げ出し豆腐って答えるシーンが大好きなんだけど最終話でそこの回想出てきてまんまと号泣してしまいました😭

南方先生が牢屋にぶち込まれたら牢屋の治安が良くなるのも良すぎ、私は善意が人の心を動かすシチュが大好き

あと野風さんが常に美しいんですけど一番美しかったのが子供産ませろって凄むシーンなのが凄まじくて中谷美紀エグいやばい

龍馬さんと南方先生がお互いのこと大好きで道標にしてるのもほんと良かったです 最終話の海のシーンよすぎか???マジで1話から最終話までみっちり面白くてすばらしかった〜〜ロスがすごい.....
シーズン2は初見

いい感じの雰囲気で終わってたけど、元いた世界とは別世界で大好きな人達もいない中生きてくなんてつらい…
小学生当時は何が何だかよくわからず見てたけど歴史わかった上で見るとなお面白い

坂本龍馬演じる内野聖陽さんが上手過ぎる!暫く見てから昨日何食べた?のケンジさんだと気付いた。
腹を切っておくんなんし(>_<)
泣きなさい!!
浴びたわぁ、、
揚げ出し豆腐はお好きですか?
またまた毎話 泣かされた😭
泣き腫らしてまったわ😭😭

子供に託す野風さんの夢
坂本龍馬との友情

で結局一番泣かされるのはやっぱり咲さん。
このドラマを観ると咲さん愛が溢れ出てしまう😅

仁先生からの求婚を断ったあと“自分だけ幸せにはなれない”と兄の胸で泣く姿が愛おしい。

自分の身より他人の身を案ずる健気さに思わず抱きしめる仁先生。
分かるよその気持ち。俺も抱きしめたくなっちまったから 笑笑

そして最後に✉️で爆涙です。

“橘咲は先生をお慕い申しておりました”
https://umemomoliwu.com/jin-final
毎話毎話考えさせられることがあって感動してたけど、最終回は格別。2シーズンにわたって張られた伏線が見事に回収され大号泣。
タイムスリップはパラレルワールドをループしてるからそれぞれの時代の結果を自分の目で確かめることはできないけど、それぞれどこか心に残っているものを大切に必死に生き、文に書き…
野風さんが癌で亡くなったことは残念やけど、安寿を咲さんが引き取ったと知った時は本当に号泣。
人生というか運命というか、そういうものを感じて震えた。
あと、シーズン1からずっとオープニングの映像が好きだった。江戸時代と現代の同じ場所の風景を重ねた映像。あの映像だけで泣きそうやった。
エンディングテーマも相まって毎回号泣。
サキのひたむきな思い、そして医療所を構え女性医師になったことが現代の資料でわかるシーンは特に心に残っている。
何重にも重なるパラレルワールド。
正直時間軸の理解はものすごく難しい。
だけど確実に仁が江戸に行った世界は存在するわけで、その結果が今仁が生きる世界にも繋がっている。
不思議で壮大な物語です。
「JIN-仁-」 レビュー

タイムスリップの謎についての考察は、僕が考えているものは調べても一切出てこなかった。ネットに書かれている考えを読んでも本質的ではなく、見落としているものが多いと感じました。例えば、セリフに含まれている本当の意味、仁がなぜそのような行動を取ったのか、そして気持ちなどのセリフでは語られない大事なシーン、第一話〜最終回までの大事なポイントを繋げるために覚えておくべきシーンなどです。

私が考えるタイムスリップの謎について書きます。

まずミキについてです。

歴史の修正力により、仁を慕っていた咲ですら仁のことを思い出せかなったことや、仁が仲間たちと築き上げたものには、仁の存在が無かったものとなりました。

しかし、現代には結局ミキと同じ姿の人間が誕生していたこともまた歴史の修正力が働いていました。ここで分かるのは、歴史が変わっても、ミキと同じ姿形の人間が生まれるということです。これは歴史の修正力が働かない限り、DNA的に無理だからという根拠があるからです。

これにより、仁がタイムスリップしたとしても、最終的に歴史の修正力が働くとすれば仁が手術に失敗し、ミキが植物人間になることに帰結するのは明らかです。

ここで、タイムリップ前の仁と、タイムリップ後の仁を比較すると、江戸での出会い、経験、価値観、自信など、ぜんぜん違います。

最後は歴史の修正力が働き、新しい世界のミキに脳腫瘍が見つかります。前の世界で失敗した大手術です。そして新しい世界での仁は必ず成功させます。これは主人公補正という修正力です。でも最後のシーンを見るとそれが伝わります。

つまり、仁はこの最後の歴史の修正力に打ち勝つためにタイムスリップをしたのだと思います。

また、龍馬の意思が仁に宿ったカタチが胎児なのはわかるが、仁はもともとタイムスリップし歴史に関与する運命でもあったのだと思います。坂本龍馬は仁の隣にずっといると、最後言っていったが、これは龍馬が作った新しい世の中(医療費ゼロなど)に仁が生きているからだと思います。龍馬の意思は生き続けている世界を知って、仁は夕陽が見える病院の屋上から龍馬に語りかけていました。
>|