167

グレイズ・アナトミー シーズン2の167のレビュー・感想・評価

4.0
ウォーキング・デッドのニーガンが優しいおじさま役になって登場w

メレディスとシェパード、焦らしすぎ。最終的にはやっぱりそうきたかって展開。

医者の前に1人の人間であるということを実感する。
複数の人間を助けるために一人の人間を犠牲にすることが許されるか?ということもこのドラマを通して考えた。
臓器移植など、自分が当事者でないとなかなか考えないテーマではあるので考えられるいい機会でした。
このドラマの人はみんな自分が主人公!って感じで衝動のまま生きてるよね

医療ドラマは苦手だったけどグレイズアナトミーは好き。恋愛や命の尊さ、病院のかかえる問題点、倫理など様々な視点から考えることができる。