りな

Aではない君とのりなのレビュー・感想・評価

Aではない君と(2018年製作のドラマ)
4.0
父親目線で少年事件を見る話。当事者からの目線がないから事件の時何が起きたのかは本人の口から聞いた言葉でしか分からない。だから最後の最後まで真相は分からなかった。自分の子どもは悪くないと思いたい気持ち、自分もネット上に晒されているのではないか不安になる気持ち、人間の弱いところをよく描いているドラマだった。

体を殺すのと心を殺すの、どっちが悪いかはこのドラマの通りだと思う。個人的にはやっぱりハムスターやネコを殺すと人間を殺すのも抵抗が小さくなるのかなと思った。でも動物を殺すのも犯罪なんだよね…

中学校ってなんでみんなあんなに世界が狭いように感じるのだろう? きっかけはいつもとても些細なこと。逃げ道を見つけられたら狭く感じないのに。