kei

大切なことはすべて君が教えてくれたのkeiのネタバレレビュー・内容・結末

3.0

このレビューはネタバレを含みます

よくある学園恋愛もの、ではなくとにかく優柔不断な男性教師(三浦春馬)が、婚約者(戸田恵梨香)や生徒(武井咲)を巻き込みながら、結局は元サヤに収まる話。

こう書いてしまうと、身もふたもないが、イラッとさせる演技が上手い三浦春馬。芯の強い女性を演じたらピカイチの戸田恵梨香。発光してるかと思うくらい美少女の武井咲。どの人物も、そういうこともあるかもな、と思わせる。
ずっとモヤモヤしながら観たが、最後は登場人物全てが幸せになりそうだったので、一安心。まあ、そんなに上手くいきます?と思わなくもないが。

菅田くんは、戸田恵梨香演じる女性教師に一途に恋する生徒役。よく笑い、よく泣き、感情をまっすぐ出す役どころ。
この子のまっすぐさに、随分と救われた。

「どうして僕の気持ちは、そんなに軽く思われるん?まだ子どもだから?」
それをまっすぐ聞けるのが、若さ。そのまっすぐさは、相手の胸を射る。