1130papa

セカンドバージンの1130papaのレビュー・感想・評価

セカンドバージン(2010年製作のドラマ)
3.6
深田恭子の役柄が人を責めて、自分は正しいと主張ばっかり。妊娠したと自分の親にまで嘘ついて、まじウザ過ぎだった。仕事一途な女が再び女房持ちの年下男と恋に目覚める不倫と、企業買収の手法を検察が違法と初めて起訴し、あのホリエモンを見せしめにした事件を混ぜた感じのストーリー。最後の鈴木京香の頑張りが凄かったなぁ。