クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1」に投稿された感想・評価

圓子

圓子の感想・評価

4.2
0
大好き
桜

桜の感想・評価

5.0
0
記録
Tomoka

Tomokaの感想・評価

4.7
0
大好きなドラマ
ずっと気になっていて、ようやく観れた。
犯罪者の行動分析、チームで動くんだけどそれぞれの深い絆のようなものはなくサッパリした関係、1話完結でオープニング飛ばしたりすると30分強で観終わる感じがとても良かった~!!
22話辺りになるとこっちがチーム全員に感情移入する✨

やっぱ異常犯罪なだけあって全然犯人の動機に同情したりはなかったし、アクションでド派手になって感じもなく、あと大体行動分析が似てるのかな?って思う所も所々あったけどそれも含めて面白かった~シーズン2も楽しみ
TML

TMLの感想・評価

4.6
0
92点。


<見所>
言わずと知れた名作ドラマ。
ただし、それはシーズン1〜2の話。
シーズン3〜4、5の9話までは名シリーズ。
それ以降はどんどんクソ化していく。
※シーズン1は、2021年時点で20回以上見てる。

このシリーズの魅力は、何と言ってもジェイソン・ギデオンの存在。
ギデオンが主役の頃は、BAUの中がピリピリしていて、ファミリー感は皆無。ギデオンが心を許すのはかつての教え子でチームリーダー・ホッチナーとコミュ障の天才・リードぐらい。ギデオンは基本的に、メンバーを仕事仲間としか思ってない。そこがいい。
後に出しゃ張りのクソキャラとなるJJも広報として頑張ってる。また同じく、後のシーズンでは元犯罪者という設定を生かせず、いてもいなくてもいい存在となるモーガンも今シーズンではしっかりと活躍する。

---ベスト・エピソード---
1位「Extreme Aggressor」
シリーズの原点にして全シリーズの中で最高のエピソード。 第1話。
シアトルで発生する、女性を標的とした連続レイプ殺人事件を捜査するエピソード。
2人組の殺人鬼という設定、スピード感あるストーリー展開、フラッシュバックの有効活用・・と最高レベルの出来。
トリビア:ギデオン演じるマンディ・パティンキンの息子はギデオン。

2位「L.D.S.K」
第6話。
イリノイ州で狙撃事件が次々と発生。
どの事件でも被害者は死亡しなかったが、ついに死傷者が・・・というエピソード。
犯人の目的が非常に興味深い。被害者を殺し損ねているのか?あえて殺してないのか?など、意外性のある展開が続く。
犯人と対決するリード&ホッチの連携プレーは、後にも先にもない展開でGood!!
題名のL.D.S.Kとは、Long Distance Serial Killerの略。決して、ISDNやADSLといった回線の略ではないので。
ちなみに公園のシーンで舞台となったイリノイ州デスプレーンズは、気候的にヤシの木が生えないが、作中ではヤシの木が映っている。

3位「Secrets and Lies」
第21話。
CIAのサマーズが自宅で自殺。
サマーズの死が他殺だと疑う彼の上司・ホークスは、旧友であるギデオンに相談。やがて、サマーズを暗殺した裏切り者がCIA内部に存在する可能性が出てくる。
裏切り者が誰かは見当がつくが、最後の最後に事故死。これはCIAが暗殺したんだな!と視聴者に勘ぐらせる終わらせ方で好き。
なぜサマーズが殺されたのかの説明も筋が通っていて、2つの異なるエピソードがしっかり繋がるのは素晴らしい!!
ガルシアが手に入れたウィリアムズ王子の電話番号は、(44)020-9137。
また、前エピソードに当たる第20話の犯人 マーク・グレゴリーに関連する情報が証拠ボードに載っている。そのため、本エピソードが前エピソードから数時間以内に起きた事件だとわかる。


番外編「Riding the Lightning」
第14話。
クリミナル・マインド史上最高傑作とも言われているエピソード。
海外ドラマの中でも群を抜いて素晴らしいエピソードではあるが、犯罪ドラマとしての点数は決して高くない。ここに記載しているのは、あくまで犯罪ドラマとしてみたときのランキング。なので、本編はトップ3には入らないかな。
題名の「Riding the Lightning」とは、電気椅子による死刑執行という意味。
ちなみに、本エピソードの脚本家 サイモン・ミレンは前述のエピソード「Secrets and Lies」や第7話「The Fox」の脚本家でもある。
ミレンはクリミナル・マインドの後のシーズンでも物凄く記憶に残るエピソードを作るんだけど、2021年時点でショウビズ界から引退している。
Leon

Leonの感想・評価

4.1
0
数多ある犯罪捜査ものの一つであり、行動分析課によるプロファイリングを主とした捜査と日常に蔓延る異常犯罪のリアルさが魅力の作品。行動分析課のメンバーのやり取りは二の次であり、あくまで被害者に焦点を当てて、悲壮感が伝わるストーリーテリングなっているため清々しさはない。9話の列車の犯人の不道理さと14話の死刑直前の母の行動が好みである。ただ、一話完結ものであるため物語に積み重ねが無い作品であるのに、最終話は前後編に分けて後編をシーズン2にしたクリフハンガーは美しくないです。
メタ

メタの感想・評価

4.2
0

大人気ドラマシーズン1。

納得の完成度。

主要キャラがシーズンごとに変化していくのも見どころ。そして、各キャラの絆が深まっていくのがいい。

そして、圧巻なのは毎話出てくる犯人たちの異常さ。ついついハマってしまうこと間違いなし。
ハナコ

ハナコの感想・評価

4.0
0
ヘァー面白い!
記録用
Serina

Serinaの感想・評価

4.5
0
続きが気になりサクサク観てしまった。

あなたにおすすめの記事