クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2のネタバレ・内容・結末

「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

後にGOTHAMでジョーカーを演じるキャメロンモナハンvsエルファニングや
ARROWでジョンディグルを演じたデヴィットラムゼイが出てる。
サムライミ版スパイダーマンのディゴヴィッチさんも。
基本1話完結でほんと見易いし面白い。
S1より規模が大きい話やら救いのない感じの話とかしんどい話が多かったような?(別に面白いので構わないけど)

BAUが大好きや…。
エルの退場の仕方かっこよすぎてな…。
ギデオンは偉大な師。
自殺したりしてないならよかったよ…生きててくれればそれでいいよね。
リードへ手紙残してるのに泣く。一番弟子だよね…。
ホッチ…幸せになって欲しい…BAUのリーダーはホッチしかおらん。
リードがひどい目に遭う15話は観ててすごく痛かったけどリードが可愛かったりかっこよかったりでよかったです。
殺人衝動の子の回もすごく印象的…こういうのも含めて全ての事件での経験を抱えて皆が成長していくっていうのが、なんかすごくぐっとくる…特にリードは末っ子だし何もかも正面から受け止めてる感じがあってそれが印象的。
切り裂きジャックの回はリードとギデオンのやりとりで泣く。
5話11話12話15話が特に好き。

6〜14話くらいのリードがコメディリリーフ的役割でなかなかよい。シーズン序盤はメンバーが陽気に歓談するシーンも多く比較的心穏やかに観られたのだが、15話以降はキツかった。終盤やたらグロテスクな回が多かったし。強大な敵として登場するレクター博士みたいな殺人鬼が怖い。

このドラマにおいて、キャラクターが動揺したり激怒したり暗い顔つきをしたりするときは、ほぼ100%過去に何かがあったという伏線である。だから、そういったちょっとした兆候を覚えておくと回収されたときにめちゃくちゃ楽しい。楽しかったです。

最終回でホッチがBAUメンバーの人格や抱えている問題を正確に把握しているのがわかって感激してしまった。

Amazonプライムビデオでの無料配信期間が終わってしまったので、シーズン3以降はまた後日観る。
リード天才的な能力を持っているのはわかるけど、あまりにもなよなよしててイライラする。彼が先陣切って突入したり1人で犯人のところへ行ったりすると大抵ロクな結果にならなくてイライラ。エピソード14,15は特にイライラ。
エル消えた後同じようなタイプのプレンティスが出てきて、エル消えたのは不本意と言わないばかりだったのはなんか海外ドラマ感ある。

チームがみんな個性持ってて協力しあってるところがストレス無く見れて好き。
少しずつチームメンバーの環境や背景が明かされるようになるシーズン2。
色々しんどいけれど、その分、キャラクター達に深みが出て楽しめます。
事件もクオリティが落ちることなく続いていくので、この後のシーズン3も楽しみです。
ギデオンの色々がちょっとしんど過ぎますが。
痛い事件が何件かあった。
エル•ファニングの可愛さが、このときから完成されてたなんてびっくり!
好きなエルがいなくなっちゃった
6話エルファニング
7話衝撃的
10話秀逸
11話アントンイェルチン
何回目かの視聴。
出口のない迷路がいちばん嫌。
映像が痛そうすぎる。
>|