カトコウ

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン10のカトコウのネタバレレビュー・内容・結末

4.0

このレビューはネタバレを含みます

長いシーズンになってまいりました
このシーズンで最初期のリーダー、ギデオンの死が直接的でないにしても、描かれるのを知ってはいたが
案外リードが引きずらなくて安心した

特筆してチームに何か起きるわけではないが
ここから初期メンバーの卒業が
順々にあるということで今後も注目していきたい

内容としては安定した単発サスペンス

01.解体屋手足販売、新捜査官ケイト、人身売買
02.ダンテの時獄篇9圏、ガルシアと死刑囚
03.飛行機墜落、ハッキング犯、ケイト911テロ
04.寄生虫妄想症、患者集会、JJの説得の否定
05.少年監禁木箱ハロウィン、ホッチナーと息子
06.父の性被害によるシンデレラ夢想、JJと母
07.自撮り狙い、ミラーマン伝説、デレクの約束
08.監禁された弁護士、小児ポルノ被害の連鎖
09.前頭葉損傷と怒りの暴走、ロッシの娘
10.出所した叔父、過去の主従の真実、
11.冷凍試練のカルト、凍死嗜好、JJのPTSD
12.臓器提供者狙い、免許証、ロッシの戦友の死
13.ギデオンの死、鳥への執着、若かりし2人
14.爆発を利用した偽りの英雄、リードとチェス
15.頼りない母叫び声収集、ケイトの姪危機一髪
16.刑務所内看守殺し、囚人賭け喧嘩、大脱獄
17.緊縛首絞め、出会い系利用、ケイトの妊娠
18.議員と愛人、黒幕の母親、リードの張込み
19.コラボ回、バルバドスの家族誘拐、海上救出
20.隠し子の復讐処刑、ホッチナーと義父の痴呆
21.天才の暗示による殺人強制、ホッチナー術中
22.怨恨と統合失調症による幻覚と正義の執行
23.メグの誘拐人身売買サイトと犯罪者ユーザー