バニラ

熱海の捜査官のバニラのレビュー・感想・評価

熱海の捜査官(2010年製作のドラマ)
4.8
夢の中に迷い込んだよう、不穏さとゆるい笑いと美しさと哀愁。
って書くとなんだかすごくキレイな作品のようだけど、この作品ってなんていうか汚さもあるんですよね。下品さというか、醜さというか。
例えば第1話で、婆さんがチュッパチャプスをじゅぱじゅぱ舐めてるシーンとか、トチ狂った運転手が素っ裸で走り回るシーンとか。
だからこそ、「なんかキレイで怖いドラマだったけどよくわかんなかったな」だけで終わらせず、記憶に引っ掻き傷を残すのかな〜なんて勝手に思っていたり。
個人的に汚さのある作品って苦手なんですが、これはギリギリ許容範囲で、「毒も薄めれば薬になる」感じの配分でした。
にしても三吉彩花ちゃん美しすぎて呼吸止まるかと思ったわ。作り物なのか??ってくらいの造形美だった…。