HARUSUI

満願のHARUSUIのネタバレレビュー・内容・結末

満願(2018年製作のドラマ)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

録画していたので、3話一気に観ました。
1話、万灯。
主人公は商社勤務だが、派遣先はほとんど開発途上国で、資源開発の任務である。
中盤まで、お仕事中心の話。
ミステリーってタイトルにあるけど、どこが?企業ミステリーなのかな?と思い、村の長老のゴタゴタや、ライバル社の日本人社員登場までぼーっと観ていました。
しかし、後半。
いきなり殺人ですか!?
ラストに向け、日本に戻ってきた主人公。新たな犯罪を犯し、最後に、え!?感染症?…で、宿泊ホテルのベッドでごろーん。終わり。
1時間なので、急な展開、突拍子もないお願い、突然殺人鬼に変身を遂げた主人公、仕方ない。おもしろかった。

2話、夜警。
1話から3話続きものかと思っていましたら、単発ミステリーでした。
主人公は交番勤務の警察官。同僚のお葬式。何故か、主人公に冷たい態度をとる周囲。
回想シーンに突入。こっからがおもしろかったです。新人警察官の態度が、本当に現実にこういう人います、と共感してしまった。表面上は、ビシッとしています、ご教授よろしくお願いします!の態度。ただ指導すると叱られたといじけ、気を遣えば、何に対して慰めようとしてくれているのでしょうか?とすっとぼけた人。この新人警察官本当におもしろい。
そして、自分のミスを隠す小細工が、創意工夫素晴らしい。
ラスト。主人公の回想が終わり、遺族と、あいつはダメダメでしたね〜で終わる。
終わりません。
もう、新人さん。最後までぶっ飛んだ小細工仕掛けてくれて、ありがとうございます。1話よりおもしろかったです。

3話、満願。
主人公は弁護士さん。女性が、どこかの取締役を刺して殺害したらしい。
多分、主人公は被疑者女性を弁護するのでしょう。
主人公の回想シーン。
学生時代、お世話になった下宿先。主人公は司法試験に向かって猛勉強。品があり、おくゆかしさと、知的さを身に纏う妻と、どうみてもアルコール中毒の夫。
そんな日々の生活が静かに流れていきます。少し、お金に困っている様子。
そして、ヤミ金の男現れ、妻刺す。
夫は暴飲酒からアルコール性肝炎、肝性脳症になり、サヨナラの一歩手前。
主人公は妻の弁護士として戦うが負けてしまい、8年の実刑判決。
ラスト。妻の殺人は突発的ではなく、しっかりとした計画的犯行でしたー。
んー多分1番おもしろくなかったです。

自分の感想は、夜警>万灯>満願です。

西島さん、好きなのですが、いつも同じ演技に見えてしまいます。こう、ワイルドでアウトローな役と低音ボイスに抑揚つけず冷静な話し方。
安田さん、刑事の場面、素敵です。そして、演技も上手。馬場さんも、見事な演技されています。
市川さん、本当に綺麗です。所作も綺麗で大好きな女優さんですね。